読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達

保育園の時からずっと遊んでいた人がいた。

小学生の時もずっと一緒で、このまま行くだろうと・・・

だけど 中学校に入り

変わった。

クラスも別になり、部活でも一緒になる事はなかった。

学力の差もあり

次第に二人の距離も離れた。

心も・・

 

でも・・・友人ではなかった。

彼女は、ずっと・・・・私をバカにしていた。

「わたしの方が、頭がいいの」

「わたしの方が、かわいいの」

「わたしの方だ、モテるの」

ずっと・・・・ずっと

私を、笑っていた。

 

今、

私には、

子供と主人が。

彼女は、未だに独身。

「どうして?」と話すが

私は、ずっと悩みを話せる友人だと思っていた。

「わたし、絶対綺麗な方なのに!」

「●●●ちゃん、資格取れたの??」

「付き合っても、すぐ別れるの・・・何でかな・・・」

と・・・・

今まで生きた時間より これから生きる時間の方が、短い。

決して、若くない。

友人では、なっかた。

 

私は、奇麗なに!

まだ、言っている。